トップページ>>センターの概要>>運営組織

センターの概要 -運営組織-

当センターは、種々の活動を円滑に進めるために次のような組織を設け活動を行っています。

理事会

情報センターの最高決定機関。学会から5名、『日清製粉グループ』から5名 計10名の理事と監事1名で構成されています。 規約の設定・変更、予算の承認、決算の承認、運営の基本方針の決定等を行います。

理事長 山田幸良 (株)日清製粉グループ本社 顧問
副理事長 増田 弘昭 京都大学 名誉教授
常務理事 小高 聡 (株)日清製粉グループ本社 取締役
理 事 奥山 喜久夫 広島大学 名誉教授
齋藤 文良 東北大学 名誉教授
辻 裕 大阪大学 名誉教授
東谷 公 京都大学 名誉教授
熊澤 幸宏 (株)日清製粉グループ本社 監査役
毛利 晃 (株)日清製粉グループ本社 常務取締役
村田 博 日清エンジニアリング(株) 取締役社長
監事 塚田 洋一 (株)日清製粉グループ本社 監査役付 

組織図へ

委員会:研究助成委員会

年8件以内の助成対象の研究の募集、選考を行います。

委員長 増田 弘昭 京都大学 名誉教授
委員 齋藤 文良 東北大学 名誉教授
日高 重助 同志社大学 名誉教授
小高 聡 (株)日清製粉グループ本社 取締役
村田 博 日清エンジニアリング(株) 取締役社長

組織図へ

委員会:IP奨励賞選考委員会

「粉体工学情報センター学術奨励賞」(通称:IP奨励賞)の選考を行います。この選考の前に、毎年15名の大学教官が選任され審議が行われ、選考の公平性を保っております。

委員長 辻 裕 大阪大学 名誉教授
委員 奥山 喜久夫 広島大学 名誉教授
齋藤 文良 東北大学 名誉教授
東谷 公 京都大学 名誉教授
日高 重助 同志社大学 名誉教授
神谷 秀博 東京農工大学大学院 工学研究院 教授
増田 弘昭 京都大学 名誉教授

※ IP奨励賞の選考について
当センターでは、1989年(平成元年)以降、事業の一つとして粉体工学分野における独創的研究、新規性研究の創出を目的として、毎年、若手の研究者1名を選定して表彰している。
選考方法は、粉体工学会・日本エアロゾル学会・一般社団法人日本粉体工業技術協会の会長・副会長・理事の方々より、IP奨励賞の候補者を推薦を頂き、15名の審査委員(大学教官等)が選任され審議が行われます。その審議結果に基づき当委員会にて選考される。その後、理事会をへてIP奨励賞の受賞者を決定している。

組織図へ

ページトップに戻る